サムライ書房

古くから愛されてきた画題『許由巣父図鐔』A motif that has been loved since ancient times “Kyoyu Soho-zu Tsuba”

倶楽部御台へようこそお越しくださいました

中国故事の「許由巣父」(きょゆうそうほ)がモチーフになっている鐔を鑑賞したいと思います。

許由と巣父は中国古代の伝説上の人物ですが、二人とも世間から離れて箕山(きざん)という山に住む、立派で高潔な人物です。このような人物を高士というのですね。

「許由巣父」の故事は、これまた中国古代の伝説上の堯帝(ぎょうてい)が、許由の高士であることを聞き、帝位を譲ろうと申し出ると、許由はそれを断り「汚らわしいことを聞き耳が汚れた」として潁水(えいすい)で耳を洗いました。

また、かつて同じ申し出を受けて拒絶していた巣父も、許由が耳を洗うのを見て「汚れた水を牛に飲ませるわけにはいかぬ」と引いていた牛を連れて帰ったという故事です。

出世や高い地位につく栄喜を忌み嫌う例えや、清らかで正しい行いのことを表すときに使われる故事で、古くから絵画や彫刻などの画題に好まれてきました。

故事を知ってから『許由巣父図鐔』を味わってみると、遠くを見つめながら耳を清めるために潁水に手を伸ばす許由と、うなだれるように牛を連れ帰る巣父の姿が、世の中に失望しているような、諦めや寂しさまでも感じる切ない鐔に見えてくるから不思議です

しかし、ただ悲しいだけの鐔ではなく、この鐔を腰に差していた武士は、許由や巣父のように気高くあることや、自らを戒めるためにこのモチーフをあえて選んだのかも知れませんね

鑑定書の用語の説明などは、TikTok に日本語と英語の字幕をつけて動画で説明をしてみました。初めての動画編集で見づらいところも多々あるかと思いますが、ぜひ動画も一緒に楽しんでみてください

www.tiktok.com/@midaimako

加工のない写真は、サムライ書房Instagramに掲載していますので、そちらも併せて楽しんでいただけましたら幸いです

https://www.instagram.com/samurai_library

 

Welcome to Club Midai.

I would like to admire the Tsuba based on the Chinese legend “Kyoyu Soho”.

Kyoyu and Soho are two legendary figures from ancient China, both respectable and honorable, who live far from the world in a mountain called Kizan.

In the ancient Chinese legend, Emperor Gyotei heard that Kyoyu was an excellent man and offered to give up his throne to him. Kyoyu refused, saying that his ears had become dirty from hearing such filthy things, and washed his ears with Eisui.

The story goes that Soho, who had once received the same offer and rejected it, saw Kyoyu washing his ears and returned home with the cow he had pulled, saying, “I cannot let the cow drink dirty water”.

It is a Chinese legend used to describe the abhorrence of success in life and the glory of high positions, as well as to express purity and right conduct, and has long been a favorite subject for paintings and sculptures.

When I taste “Kyoyu Soho-zu Tsuba” after learning the Chinese legend, I feel sad and lonely, as if I am disappointed in the world, as Kyoyu reaches for the water to purify his ears while staring into the distance, and Soho nods to take the cow home.

But it is not just a sad Tsuba, the samurai who wore this Tsuba at their waist may have dared to choose this motif to be noble like Kyoyu or Soho, or to warn themselves!

For the explanation of the terms used in the appraisal, etc., I tried to explain them in a video with Japanese and English subtitles on TikTok. I know there are many parts of the video that may be difficult to watch because it is my first time editing a video, but please enjoy the video!

www.tiktok.com/@midaimako

I hope you enjoy the unprocessed photos on the Samurai library Instagram page as well.

https://www.instagram.com/samurai_library

御台(Midai)

 

おすすめの記事

ピックアップ記事

  1. 能がテーマ『蟻通宮透鐔』Noh motif “Ar...

    2022.06.25

  2. サイコでサイコーなサムライ!?源義経の素顔

    2022.06.17

  3. 古くから愛されてきた画題『許由巣父図鐔』A mot...

    2022.05.26

  4. My箸の先駆け⁉遊び心と超絶技巧の一琴の割笄~Th...

    2022.05.11

  5. 端午の節句に兜を飾る理由とは?Reasons fo...

    2022.05.05

人気ランキング

  1. あの信長も折れた『前田利家』とは??『槍の又左』と...

    2020.03.22

  2. 戦国最強と言われた武田軍を率いた武田信玄!その強さ...

    2020.03.14

  3. あの家康が恐れた身長190cm超の大男、豊臣秀頼の...

    2019.07.17

  4. 【源義経】平家討伐の立役者。その生涯とは? 戦上手...

    2020.02.22

  5. 『雷神』を斬った無敵の武将、立花道雪の伝説に迫る!

    2019.09.23

新着記事

  1. 能がテーマ『蟻通宮透鐔』Noh motif “Ar...

    2022.06.25

  2. サイコでサイコーなサムライ!?源義経の素顔

    2022.06.17

  3. 古くから愛されてきた画題『許由巣父図鐔』A mot...

    2022.05.26

  4. My箸の先駆け⁉遊び心と超絶技巧の一琴の割笄~Th...

    2022.05.11

  5. 端午の節句に兜を飾る理由とは?Reasons fo...

    2022.05.05

注目キーワード