サムライ書房

My箸の先駆け⁉遊び心と超絶技巧の一琴の割笄~The forerunner of My Chopsticks⁉Ikkin’s Wari Kougai with playful spirit and superb technique~

倶楽部御台へようこそお越しくださいました

本日は、以前ご紹介した、一琴の俸禄図二所の笄(こうがい)を主に鑑賞したいと思います。ぜひ前回の記事と一緒にご覧になってみてください。

笄とは、耳かきと櫛の柄を兼ね備えた、武士の美意識を感じられる装飾品です。鞘の差し表(刀を差した時に身体の外側になる方)に設けられた窪みに納められ、持ち運ばれました。

当時の人々は、帯刀が許された身分であっても、よほどのお金持ちかお殿様でもない限り毎日髪を結うことはできませんでした。

そこで、髪型が乱れた時は、笄の先の細くなっている方の竿を使って髪を撫でつけて整えたり、頭が痒くなったときは、笄の先端の穂先を髪の中に差し込んで掻いたりしていました。

一方、一琴の俸禄図二所の笄は、縦に二つに割れるようになっています。

このような笄を「割笄」(わりこうがい/さきこうがい)といいます。

雑俳(ざっぱい)・すがたなぞ(1703)に「箸捨てわりかうかいで食を喰」という句が残っており、割笄は携帯用のお箸として使われたのではないかとされています。

この作品の割笄は、割ってみないと分からない部分にも細かい装飾が施されていて、一琴のこだわりや技術の高さを感じます。

Welcome to Club Midai!

Today, I would like to mainly appreciate the Kougai of Houroku-zu Futatokoro, the Kougai of Ikkin, which I have introduced before. Please take a look at it together with the previous article.

Kougai, a combination of an earpick and comb handle, is an ornament that shows the aesthetic sense of the samurai.

In those days, unless you were a very wealthy person or a feudal lord, you could not change your hairstyle every day.

Therefore, they used to stroke their hair with the thin part of Kougai when their hairstyle was disheveled, or scratch their hair with the tip of Kougai when their head was itchy.

On the other hand, the Kougai is split vertically into two.

This type of Kougai is called “Wari Kougai” (Wari Kougai / Saki Kougai).

The haiku “Hashi sute Wari Kougai de shoku wo kuu” (“Eat food with chopsticks throw away Wari Kaikai”) survives in Zappai, Sugatanazo (1703), and it is believed that Wari Kougai may have been used as portable chopsticks.

Ikkin’s kougai is finely decorated even in areas that cannot be seen until cracking it open, which shows Ikkin’s attention to detail and high skill.

俸禄図二所 小柄・割笄 銘 一琴(花押)

Futatokoro with design of “Houroku”

Inscription: “Ikkin”,Kaō(Ikkin’s seal) carved by Ikkin

赤銅磨地(しゃくどうみがきじ/Shakudou Migakiji):割笄・小柄ともに素材は赤銅が使われています。赤銅は銅に金を混ぜて黒色にしたものです。合金法にはいろいろあり、入れる金の割合やその他の要因で赤銅の質も変わってきます。

作品の平面や裏面で彫刻のない所を木炭で磨き上げたものを磨地といいます。

The material used for both Warikougai and Kozuka is red bronze(Shakudou).Red bronze is a black color made by mixing copper and gold.There are various alloying methods, and the quality of the red bronze will vary depending on the proportion of gold that is added and other factors.

A migakiji is a flat surface or back surface without carving, polished with charcoal

樋定規陰透(ひじょうぎかげすかし/Hijyougi Kagesukashi):割笄の一番太い胴の部分の、二匹の蜂の間に施されている透かしのことです。

Hijyougi Kagesukashi is the watermark applied between the two bees on the thickest part of the body of the warikougai.

甲鋤毛彫(こうすきけぼり/Kousuki Kebori):割笄・小柄のどちらにも施されています。この甲鋤彫を一琴は得意とし、師の後藤一乗(いちじょう/Ichijyou)といえども一琴の妙技には及ばなかったといわれています。

甲鋤鏨(こうすきたがね/Kousuki-tagane)といって、先が半月のように丸くなった鏨で、平地(ひらじ)を鋤きとるように鏨を駆使する技法です。

It is said that Ikkin excelled at Kousukibori, and that even his master Ichijyou Goto could not match Ikkin’s virtuoso skills.

Kousuki-bori refers to engraving with a tool called Kousuki tagane, which has a rounded tip like a half-moon.

象嵌(ぞうがん/Zougan):割笄・小柄のどちらにも施されています。ある一つの素材に文様を彫り、そのくぼみに金などの別の素材を嵌め込む(はめこむ)ことをいいます。

It is the process of carving a pattern on one material and then fitting another material into the recess.

色絵(いろえ/Iroe):割笄・小柄のどちらにも施されています。作品にいろいろな金属を使って、絵画のように着色することをいいます。

Iroe refers to the use of various metals to color the work like a painting.

 

この俸禄図二所に使われている素材の赤銅は、烏の濡れ羽色に似ていることから「烏金」とも呼ばれます。

艶やかな色合いと、一琴の技法と、作品名からは言葉遊びも楽しめる、素晴らしい作品だと思います。

皆さまにもお楽しみいただけましたら幸いです

皆さまのまたのお越しを心よりお待ちしております

御台

The material used for this work, red copper, is also called ” raven gold” because of its resemblance to the color of a raven’s wet feathers.

It is a wonderful work, with its lustrous hue, Ikkin technique, and the play on words that can be enjoyed from the name of the work!

I hope you all enjoy it.

We look forward to seeing you again soon!

Midai

 

https://www.instagram.com/samurai_library

 

https://twitter.com/samuraishobou

おすすめの記事

ピックアップ記事

  1. 刀剣の見どころは茎(なかご)にも The high...

    2022.09.01

  2. 能がテーマ『蟻通宮透鐔』Noh motif “Ar...

    2022.06.25

  3. サイコでサイコーなサムライ!?源義経の素顔

    2022.06.17

  4. 古くから愛されてきた画題『許由巣父図鐔』A mot...

    2022.05.26

  5. My箸の先駆け⁉遊び心と超絶技巧の一琴の割笄~Th...

    2022.05.11

人気ランキング

  1. あの信長も折れた『前田利家』とは??『槍の又左』と...

    2020.03.22

  2. 戦国最強と言われた武田軍を率いた武田信玄!その強さ...

    2020.03.14

  3. あの家康が恐れた身長190cm超の大男、豊臣秀頼の...

    2019.07.17

  4. 【源義経】平家討伐の立役者。その生涯とは? 戦上手...

    2020.02.22

  5. 『雷神』を斬った無敵の武将、立花道雪の伝説に迫る!

    2019.09.23

新着記事

  1. 刀剣の見どころは茎(なかご)にも The high...

    2022.09.01

  2. 能がテーマ『蟻通宮透鐔』Noh motif “Ar...

    2022.06.25

  3. サイコでサイコーなサムライ!?源義経の素顔

    2022.06.17

  4. 古くから愛されてきた画題『許由巣父図鐔』A mot...

    2022.05.26

  5. My箸の先駆け⁉遊び心と超絶技巧の一琴の割笄~Th...

    2022.05.11

注目キーワード