サムライ書房

【源義経】平家討伐の立役者。その生涯とは? 戦上手であった? そして悲惨な結末とは?

(源義経像)

父の仇を取るべく平氏へいし討伐」に生涯をかけた「源義経よしつね。 

「鎌倉幕府」を作った兄「頼朝よりともと共に「平氏へいし討伐」を行ないましたが、最終的に「頼朝よりとも」に自害を迫られる、悲惨な結末を迎えてしまいます。

義経よしつねといえば、滝沢秀明さん主演の大河ドラマ「義経よしつねとしても話題になりましたね。

兄「頼朝よりとも」のほうが歴史上では功績がありますが、人気は圧倒的に「義経よしつね」という、不思議な兄弟です。

義経よしつねの命運は”兄頼朝よりともとの関係性”というところがキーポイントとなっていきます。

平安後期から鎌倉時代の日本の中心的人物だったこの二人がどのようなドラマを展開していくのでしょうか。

わずか31年という「源義経よしつね」の生涯に迫っていきたいと思います。

 

◆『義経』はお坊さんになっていたかもしれなかった!?

(鞍馬寺天狗くらまでらてんぐ像 京都府)

「源義経よしつねは1159年、「源義朝よしとも」の9男として生まれます。幼名は牛若丸うしわかまるといいました。

兄の「頼朝よりとも」は正室せいしつの子どもに対して、義経よしつね側室そくしつの子どもとして生まれるのです。

当時、後継を残すことが重要視されていたため、一夫多妻制いっぷたさいせいは当然としてあり、その当時の「正室せいしつ」というのは本妻のことをいい、「側室そくしつ」というのは本妻以外の妻のことをいいます。

ただやはり正室せいしつの子どもの方が一族の跡取りとしては、優先されていたようです。

そんな牛若丸(義経よしつね)が生まれた当時は、まだ皇族が政治の実権を握っている状態でした。

一方「武士」はというと、政治を治めている皇族が決めた制度などで不満が高まっている状態だったようです。

この「武士」の二大勢力として、義経よしつね頼朝よりともの一族でもある「源氏げんじ」、後に頼朝よりともの最大の敵になる「平清盛たいらのきよもり」の一族である「平家へいけ」、この2つの一族は当時を代表する武士の勢力でした。

そのような中、政治の実権を握っていた皇族同士が争うことになり、そこにこの両者が便乗をし、戦を繰り広げていくことになるのです。

義経よしつねが生まれた1159年というのは、丁度父義朝よしとも平家へいけと対立をし、義朝よしとも平家へいけが戦をすることになった年です。最終的に父義朝よしともは敗死となり、この戦が平治へいじの乱」といい、平氏へいしが一気に勢力を強めた戦となります。

この戦をきっかけに「源平げんぺい」の憎き争いが始まるのです。

平家へいけ頼朝よりとも義経よしつねも捕まることになり、兄頼朝よりともは処刑されかけますが、周りの者の嘆願などにより「流罪るざい」(人がほとんどいない辺境地にとばされる刑)となり伊豆に流されることで済みます。

一方牛若丸(義経よしつね)はまだ幼かったことなどから、「将来僧になるのであれば命を助ける」ということになり、なんとか命は助けられました。

そして牛若丸(義経よしつね)は11歳の時に京にある鞍馬寺(くらまでら)で仏道修行を行うことになるのです。稚児名ちごめい(寺院などに入ったときにつける名前)を遮那王(しゃなおう)と名乗りました。

ちなみに同母兄弟である兄2人も他の寺で同様に修行を行い、彼らは出家して僧として生きていったようです。

しかし遮那王しゃなおう(義経よしつね)僧として生きて行くことを拒み、ついには鞍馬寺くらまでらから逃げ出します。

その後自ら元服げんぷく(男子が成人になったことを示す儀式)をし、そこで名を義経よしつねと名乗ることになりました。

義経よしつねとなった後、奥州藤原氏おうしゅうふじわらし(現在の岩手県平泉を中心に活躍した武将)のところに身を寄せたと云われています。

◆父の仇のために兄『頼朝』と再会

(源義経騎馬像 徳島県小松市  出展:Wikipedia)

平治へいじの乱」の後、平清盛たいらのきよもりを中心とした平家へいけが躍進をしていき、朝廷ちょうていで実質的な政権を握ることになりました。

1170年代中盤ぐらいまでは平家へいけの全盛期であったともいえます。

ただそんな平家へいけに対しても、政治を独占しようとする姿勢などに、徐々に武士や皇族内でも不満が高まっていきました。

そんな平家へいけの政権が続く中、ついに源氏げんじが立ち上がり、再び平家へいけに立ち向かうことになります。

1180年、後白河法皇ごしらかわほうおうの皇子である以仁王(もちひとおう)から、平家へいけ討伐の令旨りょうじ(天皇や皇族などの命令を伝える文書)が全国の源氏に届きました。

以仁王もちひとおうは父親である後白河法皇が平清盛のクーデターにより幽閉ゆうへい(牢屋などの一室に閉じ込めること)され、そこで源頼政の勧めに従い全国の源氏に令旨りょうじをだすことになったのです。

平家へいけに恨みのある源氏とともに以仁王もちひとおうは、父の後白河法皇を助け出すことを試みます。

そこに頼朝よりとも木曽義仲きそよしなか(義経よしつねのいとこ)らが挙兵をし、平氏へいし討伐の機運が高まっていきました。

奥州藤原氏おうしゅうふじわらしのところに身を寄せていた義経よしつねですが、義経よしつねは兄頼朝よりともが挙兵をしたことを聞き、自らも「親の仇」、そして「兄を助ける」ために頼朝よりともの元に向かうのです。

その当時、奥州で親睦のあった藤原秀衡ひでひらもこれに賛同し、秀衡ひでひらの家臣も義経よしつねに派遣しました。

藤原秀衡ひでひらは、義経よしつねが躍進し朝廷ちょうていにおいての立ち位置を高めていく可能性を感じ、そうすれば奥州の立ち位置も上げられる、そのような狙いがあったと考えられます。

頼朝よりとも1180年の「富士川の戦い」で勝利した後、黄瀬川の陣(現在の静岡県駿東郡)でついに義経よしつね頼朝よりともと「再会」することになるのです。

◆義経の最強の相方『武蔵坊弁慶』!!

(和漢英勇画伝』より「義経 弁慶と五条の橋で戦ふ」(歌川国芳画) 五条大橋での戦いを描いた江戸時代浮世絵 出展:Wikipedia)

ここで一旦、義経よしつね郎等ろうどう(武士のおともをする人)として有名な武蔵坊弁慶むさしぼうべんけいについてふれてみましょう。

弁慶べんけいといえば、恰幅かっぷくがよく豪傑ごうけつなイメージがあり、大河ドラマ「義経よしつね」において弁慶べんけい役を演じたのが「松平健さん」であるということも頷けるかと思います。

またそのイメージから、「弁慶の泣き所」「弁慶の立ち往生」「内弁慶、外地蔵」といった言葉が現代でも使われており、「弁慶」という存在が歴史上においても圧倒的な強さであったと考えられますよね。

そんな弁慶が義経よしつねの郎等になった有名なお話があります。

あれくれ者として名をせていた弁慶は、京で帯刀している武者と決闘をし千本の太刀たちを奪うという目標をたてます。999本の刀を奪い残り1本で五条大橋で義経よしつねと出会うこととなりました。

もちろん弁慶は義経よしつねの太刀を奪うために決闘を挑みますが、義経よしつねの軽い身のこなしで弁慶べんけいは返り討ちにされるのです。

この後、弁慶べんけい義経よしつねの郎等となったといわれています。

実がこのお話は後に作られた創作話とされていますが、いまだに語り継がれており、2人の剛柔の様が想像できるかと思います。

◆様々な戦法でついに「平家討伐」!! しかし…

(源義経・平和盛像 壇ノ浦の戦いの様子 山口県下関市)

義経よしつね頼朝よりともと再会後、頼朝よりとも平家へいけ討伐に向け政治を整え、義経よしつねは討伐のために前線に立ちます。

そんな中、一番の宿敵である平清盛たいらのきよもり」が病死してしまったのです。

平家へいけは弱体化していくも、源氏げんじとは戦う姿勢を見せたため、戦は続きます。

義経よしつねは前線部隊として、「平家へいけ討伐」のために数々の戦を繰り広げていくことになるのです。

1184年、後にいわれる一ノ谷いちのたにの戦い」で奇襲きしゅう作戦を仕掛け、平家へいけ軍に大勝利しました。

そのときの奇襲方法とは、敵軍が急ながけを背に待機していたところ、義経よしつねはそのがけを上から下り敵軍の背後から攻め込んだというものです。

敵軍は予想外の方向からの攻撃であったため対応できず、義経よしつねの奇襲作戦は成功しました。

一ノ谷の戦いの後、義経よしつね頼朝よりともから京の治安回復のために京に留まれ、という命令がされます。

そこで後白河法皇ごしらかわほうおうや公家(朝廷ちょうていに仕える貴族)からの信頼を得ることになりますが、これが後の兄弟喧嘩の火種になるとは思ってもいなかったことでしょう。

その後におきた、屋島やしまの戦い」では兵力が少ないなか、なんとか勝利します。この戦いにおいては那須与一逸話なども有名ですね。

そして、京都から西に西に平氏へいしを追い詰めていき、1185年に彦島(現在の山口県下関市)で平家へいけと最後の戦いをするのです。この戦いは舟上での戦いであったといわれております。

この戦においての義経よしつねの戦法としては様々な説がありまして、その中の一説で、義経よしつねは敵軍の武士ではなく、水夫すいふ(舟を操縦する人)を矢で射ち落すことを家臣に命じたのです。

当時の暗黙のルールとして戦に直接関わらない人(水夫など)を殺めるのはご法度はっととされていたのですが、義経よしつねはこのルールを無視し、敵軍の舟を操縦不能にし攻め込んで行ったと言われております。

義経よしつねは戦を優位に進め、そして最終的に平家へいけを滅亡させました。

平家へいけ討伐」を達成したこの戦いが後にいわれる壇ノ浦だんのうらの戦い」です。

これらの戦いを見ても、義経よしつね戦上手であるといわれた所以ゆえんがわかるかと思います。

しかし、こうして亡き父の仇をとった義経よしつね頼朝よりともですが、実はこの時期にはすでに2人の仲は最悪の状態になっていました。

◆兄弟の仲は修復不可能に…ついに『義経』の死!!

(中尊寺金色堂 岩手県平泉)

義経よしつね頼朝よりともの仲が悪くなった原因の一つとして、前述にあった後白河法皇ごしらかわほうおうが背後にあります。

後白河法皇は頼朝よりともにこのままだと政治の実権を握られると危惧し、信頼関係を得ている「義経よしつね」を利用し、頼朝よりともに抵抗をしていくのです。

1184年に後白河法皇は義経よしつね検非違使(けびいし)・左衛門尉(さえもんのじょう)の任官をしました。

義経よしつね頼朝よりともが喜んでくれると思いましたが、疑り深い頼朝よりともは自分に何も相談せず、勝手に官位を受けたことから反感を買うことになったのです。

ここから徐々に兄弟の関係が悪くなっていきました。

しかし関係は悪くなっていたものの、頼朝よりとも義経よしつねの戦上手なところは認めていて、前述の戦いにも頼朝よりとも義経よしつねを派遣する形になっています。

義経よしつね頼朝よりともの許しを得るために、鎌倉に向かいますが頼朝よりともはそれを拒否し、義経よしつね腰越状こしごえじょうという許しを得るための嘆願状のようなものを、頼朝よりともの家臣である大江広元にとりなしてもらうのです。

義経よしつねはなんとかして頼朝よりともの許しを得ようとしましたが、頼朝よりともはそれをも拒否をし二人の溝は深まるばかりでした。

2人の関係はほとんど修復不可能な状態でしたが、頼朝よりともは最後のチャンスを義経よしつねに与えるのです。

頼朝よりとも義経よしつねに対して、頼朝よりともと最終的に対立した木曽義仲きそよしなかと手を組もうとしていた「源行家みなもとのゆきいえ」を討つように命じました。

しかし義経よしつねはそれを仮病を理由に断りを入れます。

頼朝よりともはここで我慢の限界を超え、ついに義経よしつね討伐を開始しました。

義経よしつねは九州に逃げようとするも失敗に終わり、最終的に元服後に身を寄せていた奥州藤原氏おうしゅうふじわらしがいる奥州に逃げます。

そこで藤原秀衡に義経よしつねかくまってもらい、頼朝よりともからなんとか逃げることに成功しました。

しかし、それも束の間でした。頼朝よりとも義経よしつねが奥州にいることに気づき、奥州藤原氏に義経よしつねを差し出せと圧力をかけます。

義経よしつねと親睦があった藤原秀衡ひでひらが存命の間はまだかくまってもらえたのですが、秀衡ひでひらが亡くなり後を継いだ泰衡やすひらはついに頼朝よりともの圧力に屈して、義経よしつねの討伐を始めました。

1189年、追い込まれた義経よしつね正室せいしつと娘を殺害し、ついに自害をします。

享年31歳でした。

◆まとめ

義経よしつねの生涯を振り返っていきましたが、いかがでしたでしょうか。

当時としてはかなり知的な武将であったため、兄頼朝よりともの存在がいなければ義経よしつねが幕府を立ち上げてたかと思えるほどです。

義経よしつねは知的な武将として先駆け的な存在、そして相方弁慶べんけいという存在、そして悲劇の結末という部分が兄頼朝よりともより人気な存在である理由なのかと感じました。

おすすめの記事

ピックアップ記事

  1. 「ナチュラル・ボーン・徳川キラー」真田幸村の生涯に...

    2019.07.17

  2. あの家康が恐れた身長190cm超の大男、豊臣秀頼の...

    2019.07.17

  3. 【明智光秀】2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主...

    2019.07.17

  4. 勇猛果敢で有名な加藤清正は、誰よりも忠に厚い武将だ...

    2019.07.17

  5. 実は健康オタクだった?!国崩しのエキスパートである...

    2019.07.17

人気ランキング

  1. 戦国最強と言われた武田軍を率いた武田信玄!その強さ...

    2020.03.14

  2. あの信長も折れた『前田利家』とは??『槍の又左』と...

    2020.03.22

  3. 戦国のヒステリックママ?! 『淀君』の衝撃エピソー...

    2020.03.28

  4. 【源義経】平家討伐の立役者。その生涯とは? 戦上手...

    2020.02.22

  5. 『雷神』を斬った無敵の武将、立花道雪の伝説に迫る!

    2019.09.23

新着記事

  1. 【織田信長】(3)『天下統一』目前にまさかの裏切り...

    2020.08.30

  2. あの勝海舟も認めた『徳川家茂』とは? 悲劇の将軍、...

    2020.08.23

  3. 【ウイスキー】世界を代表をする『ジャパニーズウイス...

    2020.08.02

  4. 【日本酒】(3)日本酒はどのように造られている? ...

    2020.08.01

  5. 【日本酒】(2)日本酒は主にどこで造られている? ...

    2020.07.26

注目キーワード