サムライ書房

家康の孫姫、スーパープリンセス『千姫』! 徳川と織田の血を継ぐ『千姫』の魅力とは!?

家康の孫娘の『千姫』は、織田信長の血をも受け継ぐサラブレットな姫だった!?

『千姫』の美貌さを巡り、婚約者争いがあったとか??

織田と徳川の血を持ち、豊臣にも嫁いだスーパープリンセス『千姫』の生涯に迫っていきます!

 

◆千姫ってどんな人?

(出典: Wikipedia)

・出身地:山城国やましろのくに(現在の京都府)

・生涯:1597年~1666年(享年 70歳)

・徳川2代将軍秀忠とおごうの間に生まれた

豊臣秀頼、そして秀頼の死後は本田忠刻の正室になった

・眉目秀麗であったといわれている

◆千姫のここがスゴイ! 『家康の孫姫、スーパープリンセスとして従兄弟と結婚』

(『伏見城』 千姫が生まれたとされる場所 京都府京都市伏見区)

千姫の父は第二代将軍徳川秀忠、母はごうの方、そして第三代将軍である家光の姉。

父の秀忠のお父さん、つまりお祖父さんが徳川家康

母のごうのお母さん、つまりお祖母さんがお市の方

このお市さんは信長の妹!

つまり千姫は織田、徳川の血を受け継ぐ戦国のスーパープリンセス!

配偶者の豊臣秀頼は、千姫のお母さんであるごうの姉、茶々の子ですので『いとこ』という事になります!

いとこ結婚だったんですね♪

千姫は、慶長2年(1597年)5月26日、秀忠とごうの長女として産まれ、その3年後には関ヶ原の戦いもあり、幼少期を時代の変革と共に過ごしていきました。

慶長8年(1603年)に7歳で結婚!豊臣秀頼輿こし入れし、大阪城に入ります。

大阪城の女帝、淀君にとっては妹の子で、淀君も千姫のことを可愛がったようです。

千姫と秀頼は大変仲睦なかむつまじかった言われ、千姫が16歳のとき、女性の黒髪を揃える儀式『鬢削びんそぎ』(女性が成人に達したしるしに、耳側の髪の毛の先を切る儀式)を秀頼自ら行なったと記録に残っています。

ここまでは家康の執拗な豊臣イジリに我慢する豊臣家臣団が、なんとか『徳川、豊臣の仲は良好ですよ~』と取り次いでいたことで、2人は仲良く平和に成長していきました。

◆千姫が徳川と豊臣の板挟みに!?

(『大阪城』 大阪府大阪市中央区)

千姫と秀頼仲睦なかむつまじく大阪城で暮らしていました。

しかし! 千姫と秀頼の平穏な生活に変化の兆しが。

慶長16年(1611年)3月28日、家康は二条城で秀頼と会見をします。

『この秀頼はいつか一角の武将になる!』

家康はこのように考え、戦国を生き抜いてきた直感に従い、豊臣を滅ぼすことを決意します。

慶長19年(1614年)、大阪冬の陣勃発。

そんな家康ですが、やはり孫娘は可愛かったようです。

慶長20年(1615年)、千姫が19歳の時、大坂の陣の最終戦『夏の陣』で、祖父である徳川家康の命により落城する大坂城から救出されます。

姑、淀君と夫、秀頼は大阪城内で自害。

どのように千姫が救出されたかは今でも不明瞭な部分が多いですが、秀頼淀君の決断、命令がなければありえないことから、やはり千姫は憎からず思われていたようです。

しかし千姫と秀頼の婚活は、そのまま家康の大阪城追い詰め作戦の期間で、家康の無理難題や言い掛かりの中、千姫にとっては針の筵(むしろ)だったと想像できます。

まあ、実家と嫁ぎ先がやり合っていましたので、さぞかし心中穏やかではなかったでしょう。

千姫は穏和な性格の持ち主と伝えられていますが、実際には豊臣秀頼と側室の間に生まれた娘・奈阿姫なあひめが処刑される所を、千姫が体を張った必死の助命嘆願を行い、その結果、奈阿姫なあひめを救うという気丈なエピソードもあります。

奈阿姫は後に『縁切り寺』として有名な東慶寺の住職となったようです。

千姫は祖母・市の聡明さと美貌を受け継いだ、たいへん美しい姫君で、殺伐とした戦国の時代の人と違い、思いやりのある女性だったようですが、祖母同様に政治や戦の為、何度も輿こし入れをする事になりました。

◆恋は盲目?? 千姫に恋をした武将の哀れな末路とは??

(『姫路城』 千姫が本多忠刻と暮らしていた城 兵庫県姫路市)

千姫の2人目の夫、本多忠刻(猛将・本多忠勝の孫、忠刻の母・熊姫は徳川家康と織田信長の孫で千姫の『形式上』従姉である)も眉目秀麗であったといわれ、美男美女夫婦で仲睦まじかったようです。

しかしその輿こし入れの時、津和野(現在の島根県)藩主の坂崎直盛が輿こし入れの行列を襲って千姫強奪を計画。

直盛は自害し(もしくは家臣により殺害)、その一族は改易かいえき処分(武士の身分を剥奪する刑)となる、『千姫事件』がありました。

この『千姫事件』とは、『大坂城落城の際、千姫を救出した者と千姫を結婚させる』との家康の言葉を受けた直盛が、千姫を救出するも、結局本多忠刻と結婚することになったということから、直盛の襲撃計画はその約束を強引に果たそうとした事件です。

この話は長く信じられていたものですが、現在ではそもそも大坂城で直盛が千姫を救出した話自体が疑わしいともいわれています。

実際には堀内氏久という豊臣方の武将に護衛されて直盛の陣まで届けられた後、直盛が秀忠の元へ送り届けたという説が現在は有力です。

そんな美貌の千姫は、寛文6年(1666年)2月6日、70歳でこの世を去りました。

◆まとめ

戦国の波にもまれ、その少女時代を激動の中で過ごした千姫。

彼女は江戸初期において『女性を守る駆け込み寺』の後見人となります。

自分が味わった、女性ならではの苦難を受ける人が少しでも減るようにとの願いがあったのでしょうか。

その縁切り寺にはDVや貧困から逃げてきた女性を2年預かるシステムがあり、その

間は例え大名でも出が出せなかったそうです。

千姫が願い、求めたのは『女性の安心できる場所』だったのかもしれません。

おすすめの記事

ピックアップ記事

  1. 「ナチュラル・ボーン・徳川キラー」真田幸村の生涯に...

    2019.07.17

  2. あの家康が恐れた身長190cm超の大男、豊臣秀頼の...

    2019.07.17

  3. 【明智光秀】2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主...

    2019.07.17

  4. 勇猛果敢で有名な加藤清正は、誰よりも忠に厚い武将だ...

    2019.07.17

  5. 実は健康オタクだった?!国崩しのエキスパートである...

    2019.07.17

人気ランキング

  1. 戦国最強と言われた武田軍を率いた武田信玄!その強さ...

    2020.03.14

  2. 【源義経】平家討伐の立役者。その生涯とは? 戦上手...

    2020.02.22

  3. あの家康が恐れた身長190cm超の大男、豊臣秀頼の...

    2019.07.17

  4. 【池田輝政】織田信長を始めとする戦国三大武将に仕え...

    2019.07.10

  5. 10人の兄のうち9人が平家についた源氏きっての弓の...

    2019.09.19

新着記事

  1. 遠山の金さんが浅草を『演芸の街』に変えた!? 官民...

    2020.06.14

  2. 織田四天王の1人『滝川一益』! その『誠実さ』を信...

    2020.05.24

  3. 真田幸村の祖父である『真田幸隆』とは? 持ち前の『...

    2020.05.23

  4. 実は『女性将軍』? 謎多き将軍『徳川家重』の生涯に...

    2020.05.10

  5. 徳川家光のボディガードを務めていた隻眼の剣豪『柳生...

    2020.05.09

注目キーワード